イボについて記事一覧

液体窒素を使ってイボを取る方法があるようです。昔から処方で皮膚科などで処置してくれます。しかし・・・液体窒素は痛いようです。液体窒素を使ったイボの治療とは、マイナス196℃の液体を綿棒に浸して使います。低温やけどさせる治療です。・液体窒素を使う場合のメリット保険が適用ですので、比較的治療費が安く出来ます。治療が簡単です。子供にも治療が可能。凍結によりイボを含む組織を壊死させるので、ウイルスに対する...

妊娠中なのにイボが出て困った方もいるのではないでしょうか?妊娠中だし我慢しようにもイボが大きくなり、イボが気になり自分で潰してしまうケースもあると思います。妊娠中のイボの対処について考えてみたいと思います。液体窒素治療は古くからある治療でイボにも効果的です。●液体窒素液体窒素は、マイナス196℃の液体窒素をイボに押し付けて焼い液体窒素いくものです。保険が適用されるので比較的値段がお安く治療ができま...

首の周りにイボが出来ることがありますが、イボにはウイルス性のイボもあります。ウイルス性のイボであれば病院に行く必要があります。ウイルス性であればイボが増える心配があります。イボがウイルス性でなく、加齢による年齢によるものであれば自分で取ることも可能です。私はイボがそんなに重要なこととは知らず、イボが出来たので、私も皮膚科に一応行きました。しかし・・あまり良い皮膚科ではなく、どうしたら良いか分からな...

首にイボは若い時には比較的できません。年齢を重ねるとイボが出てくる場合が殆どです。30代を過ぎると首にプツプツとしたものが出てきてがっかりします。プツプツの正体は皮膚の老化が原因です。年齢なので諦めるしかないかな・・・と思ってしまうのですが、首は思ったより目立つものです。ずっと隠しておく訳にも行きませんし、何かケアを考えた方が良いのかもしれません。首にこれ以上イボが出来ないようにしたいものですし、...

首にイボが出来てしまいました。イボにはイボコロリという薬があるようですが、どんなものなのか調べてみたいと思います。イボコロリの使い方は1.キャップ付属の棒の先に薬液をつけ、患部に少しずつ塗布。(入浴後や蒸しタオルなどで患部を温めると効果的。)2.薬液はすぐに乾いて浸透し、白い被膜が出来ます。次に塗布するときは、白い被膜をはがしてから使用。3〜4日間塗布を続けますと患部が白く変化。3.ピンセット等で...