首のイボにイボコロリは使える?

首にイボが出来てしまいました。
イボにはイボコロリという薬があるようですが、どんなものなのか調べてみたいと思います。

 

イボコロリの使い方は

 

1.キャップ付属の棒の先に薬液をつけ、患部に少しずつ塗布。
(入浴後や蒸しタオルなどで患部を温めると効果的。)
2.薬液はすぐに乾いて浸透し、白い被膜が出来ます。
次に塗布するときは、白い被膜をはがしてから使用。
3〜4日間塗布を続けますと患部が白く変化。
3.ピンセット等で痛みを感じない程度に取り除く。
(患部をお湯につけると取り除きやすくなります。)
4.完全に取れるまで1〜3を繰り返しご使用ください。
皮膚は自然に再生され、イボが消えます。

 

思ったより面倒ですね・・・。
評判ではあまり取れなかったなどの評価もあるようです。

 

イボコロリを使って逆にイボが増えてしまい病院に行ったという事例も見ました。
昔からイボはいじってはダメ!と良く言われたものですが、むやみにいじるとイボを増やすことになってしまうようです。

 

イボコロリは顔面や首などの柔らかい皮膚には使用できないので、老人性のイボには向いていないようです。

 

内服薬のイボコロリもありようで、イボを取るタイプではなく飲み薬として飲むことによりイボを取るもののようです。
ヨクイニンエキスは、イボに効果的な食品です。
ヨクイニンエキスを接種することにより、内部からシミを治していく治療になります。
飲み薬でもイボは治せるものですが、時間をかけてケアする必要があります。
飲み薬には即効性はありませんので、長時間飲むことが必要になります。

 

 

飲み薬を飲むことでイボを小さくするのも良い方法とは思いますが、副作用の心配などがあります。
ヨクイニンエキスは植物由来の成分なので副作用が出にくい商品ではありますが、皮膚の発疹・かゆみ・下痢・胃部不快感を起こす場合もあるそうです。

 

妊婦さんの服用も心配なので、妊婦さんは、ヨクイニンエキスは避けた方が良さそうです。
イボに効果があるヨクイニンエキスを配合した艶つや習慣はイボに効果があるようです。首などの取れやすい部分には艶つや習慣は効果があるようですが、首などは目立ちますしケアが難しいのかもしれませんね。

 

特に老人性のイボ、首のイボなどがポロポロと取れるそうです。
自分でピンセットを使ってケアする必要がりませんし、イボを取った後に色素沈着する心配もありません。
オールインワンで塗るだけの簡単ケアでイボも取れ、肌が綺麗になるそうです。
無添加天然成分なので、副作用の心配もなく使えるのが嬉しいですね。
首のイボなどに悩んでいる方には艶つや習慣はお勧めなのかもしれませんね。

 

⇒艶つや習慣の公式サイトはこちら

関連ページ

液体窒素でイボを取るのは痛みがひどい!痛くない取り方はあるの?
液体窒素はイボを取るのに痛みがあります。 液体窒素の治療は痛みを伴うので、痛くないイボの取り方を紹介します。
妊娠中のイボに液体窒素はどう?他に方法はない?
妊娠中にイボを取りたいけど液体窒素はどうなの? 妊娠中のイボケアに液体窒素以外に方法はあるのか調べました。
首のイボを安全に自分で取る方法はこれ!
首のイボを自分で取る方法は? 首のイボを自分で取るのはやり方によっては危険です。安全な方法をお知らせします。
首のイボを予防するにはどうしたらいいのか?
首のイボの予防には?首のイボの予防法を考えます。