液体窒素でイボを取ると痛みが我慢できない!お勧めの取り方はこれ!

液体窒素を使ってイボを取る方法があるようです。
昔から処方で皮膚科などで処置してくれます。
しかし・・・液体窒素は痛いようです。

 

液体窒素を使ったイボの治療とは、マイナス196℃の液体を綿棒に浸して使います。
低温やけどさせる治療です。

 

・液体窒素を使う場合のメリット
保険が適用ですので、比較的治療費が安く出来ます。
治療が簡単です。
子供にも治療が可能。
凍結によりイボを含む組織を壊死させるので、ウイルスに対する免疫力が上がります。

 

・液体窒素を使う場合のデメリット
実際痛みを伴いますし、処置をした後にもしっかりとケアする必要があります。
しっかりとケアしないと再発する危険性もあります。
病院後の自宅でのケアが必要になります。
治療には液体窒素を押し当てる作業を何回も行う必要がある。
痛みが強いので、子供などには難しい治療になります。

 

 

液体窒素は長期間通院する必要がありますし、子供などには痛みが強く完治するのにも苦労します。
実際ひとつのイボを取るのに、1〜数100回もかかってしまう場合があるそうです。
個人差があり、悪くなったり、良くなったりと波があるそうです。
定期的に1週間に1度がオススメしているそうです。

 

忙しいですし、そんなに病院に通うのも・・・考えてしまいますよね。
しかも悪くなったり良くなったりを繰り返し、イボがなかなか治らないのは参ってしまいます。
そして液体窒素には痛みも伴うのは大変厳しい。

 

液体窒素を使っての治療ではなく、自宅で出来るイボのケアはないものかと探してみるとあんずエキスとハトムギエキスが配合された艶つや習慣がイボに効果があるそうです。
首などの気になるイボに塗るだけでイボがぽろりと取れるそうです。
そして全く痛みが無いのだそうです。
液体窒素は痛みと長時間治療しないといけないというのがデメリットでした。

 

艶つや習慣なら痛みもなく、3カ月後ぐらいから目に見えて効果が実感できるようです。
液体窒素は病院に1週間に1度、悪化してしまった場合は4日間位に1度程病院に行くことになります。
しかも跡が残る可能性もあります。
折角イボの治療をしているのに、傷跡が残ってしまうのは残念です。
自宅ではケアできないですし、これだけ病院に行くのを思うとイボの治療も考えてしまいます。
そんなに簡単にイボケアができるなら、自宅で艶つや習慣を使ってみたくなりましたね!痛みもなくイボケアできるのであれば、一度艶つや習慣を使ってみるのも悪くもないのかもしれませんね。

 

⇒艶つや習慣の公式サイトはこちら

関連ページ

妊娠中のイボに液体窒素はどう?他に方法はない?
妊娠中にイボを取りたいけど液体窒素はどうなの? 妊娠中のイボケアに液体窒素以外に方法はあるのか調べました。
首のイボを安全に自分で取る方法はこれ!
首のイボを自分で取る方法は? 首のイボを自分で取るのはやり方によっては危険です。安全な方法をお知らせします。
首のイボを予防するにはどうしたらいいのか?
首のイボの予防には?首のイボの予防法を考えます。
首のイボにイボコロリは大丈夫?
首のイボにイボコロリは大丈夫?首のイボはイボコロリ危険です。安全な方法を教えます。