首のイボを自分で取る方法は?

首の周りにイボが出来ることがありますが、イボにはウイルス性のイボもあります。
ウイルス性のイボであれば病院に行く必要があります。
ウイルス性であればイボが増える心配があります。
イボがウイルス性でなく、加齢による年齢によるものであれば自分で取ることも可能です。

 

私はイボがそんなに重要なこととは知らず、イボが出来たので、私も皮膚科に一応行きました。
しかし・・あまり良い皮膚科ではなく、どうしたら良いか分からないと言われたのでした。
もう皮膚科に行くのも面倒で、イボも邪魔だったので自分でイボを潰しました。

 

すると後日痛みもあり、違う皮膚科に行き診断して貰いました。
「イボは潰すと良くないね」言われました。
炎症したイボの取った場所に炎症止めを塗り処方が終わりました。
イボは無理に潰してしまうのは良くないみたいですし、イボを取るのは肌にダメージを与えてしまいます。
イボを取ると痛みもありますし、傷跡も残りますし、自分でケアするのはあまり良くありません。
素人が切開するのには危険がありそうですね。

 

 

イボを取るには塗り薬を塗り、角質を柔らかくしてからイボが自然に取れる方が傷跡も残らず、痛みもありません。
イボの治療には自分で切開よりも、多少時間はかかるかもしれませんが、塗り薬を塗る方が効果的なのかもしれませんね。
ヨクイニンや杏子エキス配合のイボに効果のある化粧品を使うことでイボが取れます。
ハトムギエキスは、漢方としても使用されていました。
硬くなってしまった角質や表面のザラザラなどの、悪くなってしまっているお肌の代謝を促進してくれます。
ハトムギエキスが配合されている艶つや習慣はイボを有効的なオールインワンジェルです。
浸透しやすく肌の内部まで行き渡り、シミも薄くしてくれる効果もあるようです。

 

自分でイボをハサミで切ったりするのは怖いものです。
イボを取る塗り薬としてイボコロリがありますが、患部をピンセット等で痛みを感じない程度に取り除く・・・・
怖いですよね。
痛みを感じないようにということは、やっぱり多少痛みがあるということになります。
塗るだけでなく、イボを取る作業があると痛みも伴います。

 

艶つや習慣であればただ塗るだけでイボが自然と取れるので肌にも優しいですし、痛くないのが良いですよね!
しかも塗るだけでお肌が綺麗になれる。
モチモチ肌になれるのも心強いですね。
イボで悩んでいる方は一度艶つや習慣を使ってみるのも良いのかもしれませんね。

 

⇒艶つや習慣の公式サイトはこちら

関連ページ

液体窒素でイボを取るのは痛みがひどい!痛くない取り方はあるの?
液体窒素はイボを取るのに痛みがあります。 液体窒素の治療は痛みを伴うので、痛くないイボの取り方を紹介します。
妊娠中のイボに液体窒素はどう?他に方法はない?
妊娠中にイボを取りたいけど液体窒素はどうなの? 妊娠中のイボケアに液体窒素以外に方法はあるのか調べました。
首のイボを予防するにはどうしたらいいのか?
首のイボの予防には?首のイボの予防法を考えます。
首のイボにイボコロリは大丈夫?
首のイボにイボコロリは大丈夫?首のイボはイボコロリ危険です。安全な方法を教えます。