妊娠中のイボ取りに液体窒素以外の方法はあるの?

妊娠中なのにイボが出て困った方もいるのではないでしょうか?
妊娠中だし我慢しようにもイボが大きくなり、イボが気になり自分で潰してしまうケースもあると思います。
妊娠中のイボの対処について考えてみたいと思います。

 

液体窒素治療は古くからある治療でイボにも効果的です。

 

●液体窒素
液体窒素は、マイナス196℃の液体窒素をイボに押し付けて焼い液体窒素いくものです。
保険が適用されるので比較的値段がお安く治療ができます。
何度もイボに液体窒素の治療をしないとダメなので、肌に色素沈着を起こしてしまう場合があります。
液体窒素の治療は凄く痛い治療になります。
治療期間も長いものになります。
薬を投与するものではないので、妊娠中にも治療が可能です。
ただ・・・治療期間が長いので病院に通う日数を考えると妊婦さんには負担になりそうですね。
液体窒素はかなり痛みがあり、妊娠中にストレスを感じやすくると思います。
それに心拍数の上昇しそうなので、妊娠中にはできれば治療はストップした方が良さそうです。

 

 

●レーザー治療
レーザー治療などは肌に負担もあまりかからない方法になります。
痛みが気になりますが、麻酔をして治療をするため、痛みは大丈夫です。
ウイルスが原因の場合のイボでもレーザーは効果的です。
レーザー治療でイボを治す場合は、その治療費が高いというのがデメリットになります。ただ妊娠中はホルモンバランスの乱れが気になりますので、多くのクリニックが妊娠中のレーザー治療は控えているようです。
妊娠中にレーザー治療は危険なようですね。

 

 

●内服薬
ハトムギから抽出したヨクイニンはイボに効果的な食品です。
そのヨクイニンが入った成分の飲み薬を使ってイボを治すのは効果的です。
ただ長く飲み続けなければならないことと、ヨクイニンは妊娠中には飲んではいけない食品です。
美容にも健康にもいいハトムギなのですが、妊娠中に接種すると流産しやすいというのがデメリットはあるそうです。
ハトムギは、体内にある余分なものを排出する働きがありますので、妊娠中には飲むのは控えた方が良いかもしれません。

 

 

ヨクイニンがイボには良いのは分かりました。
妊婦さんは飲むことはダメのようですが、塗り薬であれば胎児に影響がないようです。

 

妊娠中にも使える艶つや習慣

 

●艶つや習慣
妊娠中のつわりが辛いものがありますが、艶つや習慣は無香料なので、臭いがせずつわりで酷い方にも使える商品です。
オールインワンでイボだけでなく、シミ、潤いなどすべてをケアしてくれます。
妊娠中はシミができやすくケアが難しい時期です。
その時期に簡単にケアできるのは嬉しいいですね。

 

あんずエキスとハトムギエキス配合で固くて厚くなってしまったポツポツとした肌にも効果があります。
硬くなった肌を柔らかくし、イボを取ってくれる効果があります。

 

妊娠中はデリケートです。
なかなか何を選んだら安心できるのは考えてしまうものです。
艶つや習慣なら自宅でケアできますので、病院に通う手間も省けます。
妊娠中は動くのも大変ですし、つわりがあり外出も簡単には行きません。
艶つや習慣なら病院に通うことなく、自宅でしっかりとケア出来るのも魅力ですね。

 

⇒艶つや習慣の公式サイトはこちら

関連ページ

液体窒素でイボを取るのは痛みがひどい!痛くない取り方はあるの?
液体窒素はイボを取るのに痛みがあります。 液体窒素の治療は痛みを伴うので、痛くないイボの取り方を紹介します。
首のイボを安全に自分で取る方法はこれ!
首のイボを自分で取る方法は? 首のイボを自分で取るのはやり方によっては危険です。安全な方法をお知らせします。
首のイボを予防するにはどうしたらいいのか?
首のイボの予防には?首のイボの予防法を考えます。
首のイボにイボコロリは大丈夫?
首のイボにイボコロリは大丈夫?首のイボはイボコロリ危険です。安全な方法を教えます。